« 札幌広域圏魅力発見まち歩き事業として、「まちブラ」の「北広島市編」が実施、参加者募集中 | トップページ | 千歳・美々川カヌーツーリング »

2015年6月16日 (火)

「実践するドラッカー 実践・成果報告会」が開催

Dサポート(株)さんが主催する
「実践するドラッカー 実践・成果報告会」が
6月15日、さっぽろテレビ塔の会議室で行われた。

Dsc_0490_3

最初の1時間は佐藤等さんの基調スピーチ。

成果とは・・・

「成果とは、外の世界における変化」と、
ドラッカーの定義を確認。

「日経トップリーダー」誌に連載しているコーナーから
2人の経営者を紹介して、
共通点を解説していただく。

マネジメントとは、学ぶことではなく、実践そのものである。
ドラッカーのことばをまず覚えて、
そのことばどおりにやってみること。

ことば=道具箱、

引き出しをあけて
道具がいっぱい入っている状態を
目指す。

と、いうような原理について学ぶ。


Dsc_0491
続いて、実践者による実践・成果報告会。

最初の登壇者は、札幌で居酒屋を経営する
下川部康雄さん。

成功と失敗を赤裸々に語る。

自身が使う「日本一、しいたけの焼き方にうるさい店」
というキャッチフレーズを参考に、
参加者が、それぞれ「日本一◯◯な・・・」を考えてみるワークタイムも。

ワタシの場合は、
「日本一、札幌近郊の観光情報を取材している男」
とかになるのであろうか。


Dsc_0492
続いて2人目の実践者は、飯村悟さん。

福島県で、中華料理店「王王楼」を経営する。
素直に、愚直に、いいと思ったことはやってみる、
その取組みについて語っていただく。

店に貼って売上が数倍に上がったという
ポップの試行錯誤が参考になる。

また、ボイスレコーダーをフル活用して、
セミナーで聞いたことを、忘れないように、
モチベーションを維持するために
トイレ掃除をしながら聞いている
というような話しに感銘を受けた。


その後、会は懇親会へと。
ワタシはここまで。


「この1年で、予期せぬ成功は何か?」

「やらないことは、何か?」


という問いに、自身の強みが隠されているという。
振り返ってみたい。


« 札幌広域圏魅力発見まち歩き事業として、「まちブラ」の「北広島市編」が実施、参加者募集中 | トップページ | 千歳・美々川カヌーツーリング »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「実践するドラッカー 実践・成果報告会」が開催:

« 札幌広域圏魅力発見まち歩き事業として、「まちブラ」の「北広島市編」が実施、参加者募集中 | トップページ | 千歳・美々川カヌーツーリング »