« モエレ沼公園のアートなビーチ | トップページ | 札幌市中央区にある、幌見峠のラベンダー »

2015年7月24日 (金)

千歳市の「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

千歳の道の駅に隣接する「サケのふるさと千歳水族館」が、大規模改修を終え、

7月25日(土)リニューアルオープン。

館内は照明をぐっと落とし、水槽に泳ぐ魚が美しく見えるような雰囲気に変身。

写真は大水槽。高さ5m、幅12mの水槽では、

イトウやニジマス、チョウザメなど悠々と泳ぐ姿を観察できる。

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

支笏湖の水中を再現した新ゾーンでは直径7mの円柱形の水槽にヒメマスを泳がせ、

倒木などを配置。水質日本一を誇る支笏湖の水の中を見せている。

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

魚とふれあうことができる「タッチプール」や、

有料のエサを購入してのエサやり水槽もある。

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

「千歳川ロード」と名付けられた回廊には、

支笏湖から流れ出る千歳川の源流部から下流部までを4つの水槽で再現。

見ごたえたっぷり。

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

淡水魚がとてもきれい。

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

建物のすぐ横を流れる千歳川の中を直接見ることができる「水中観察ゾーン」は国内初の施設。

写真で白く光っている部分がガラス張りになっていて、リアルな川の様子をのぞける。

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

「窓のむこうは千歳川です」との表示。

ここに泳いでいるのは飼っている魚ではなく、実際に川で生息する魚。

秋には産卵に戻ってきた、大きなサケの姿も見られるそう。

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

2Fの展示室には各種パネルを展示して、千歳とサケと人の関わりを学べるようになっている。

「サケのふるさと千歳水族館」がリニューアルオープン!

名称と中身が大きく変わった、同水族館。

支笏湖や千歳川でのアクティビティ利用の前後には、

ぜひ立ち寄ってほしいスポットだ。

« モエレ沼公園のアートなビーチ | トップページ | 札幌市中央区にある、幌見峠のラベンダー »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« モエレ沼公園のアートなビーチ | トップページ | 札幌市中央区にある、幌見峠のラベンダー »