« 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜大沼公園2〜大沼流山牧場と森の鮨真岡 | トップページ | 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜森町の濁川温泉 新栄館 »

2015年8月14日 (金)

「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜砂原漁協ホタテ昆布巾着づくり体験と地物海産物BBQ

「はこだて旅するパスポート&フリーパス」という
お得なチケットを使って道南を旅する。

森町に泊まった2日目は、砂原(さわら)地区へ移動。

Dsc_0491
JR森駅前から「砂原3丁目」行きの函館バスに乗る。
もちろん、パスポートがあるので、乗り放題!

Dsc_0499
バスは国道ではなく、普段通ることが少ない市街地を走り、
30分ほどで目的地「つど〜る・プラザ・さわら」という
道の駅に近い停留所で降りる。

Dsc_0502
建物には展望ラウンジがある。

ぐるり360度見渡せる。
写真は噴火湾、室蘭方面。

Dsc_0503
こちらは駒ヶ岳方面。
砂原から見る駒ヶ岳は、これまた姿を変えていて、
峰が一つの富士型に見える。

Dsc_0511
さっそく「砂原漁協 ホタテ昆布巾着づくり体験と
地物海産物バーベキュー」がスタート。

まずは、ベビーホタテを使った、
ホタテ昆布巾着づくり体験。

教えていただくのは、現役漁師の河村喜代子さん。

Dsc_0514
材料は、1年ものの小さなホタテとコンブ、かんぴょうのみ。

ホタテをコンブに包め、巻いてしばる。
地元の料理コンテストで優秀賞を受賞し、
後に商品化されたものだそう。

Dsc_0519
10分ほどで、完成! 

Dsc_0523
つづいて、地元でとれるホタテガイについて学ぶ。

Dsc_0526
教えてくれるのは砂原漁協の長内譲二さん。

実物が貼られたパネルを使って説明していただく。


Dsc_0532
実際の漁具にもさわってみて。
こんな網の中に入って海中で育つんですね〜

Dsc_0544
ホワイトボードで、ホタテ漁の1年について
教わる。

Dsc_0551
そうこうしているうちに、

ホタテ昆布巾着は煮詰められていく。

Dsc_0568
会場を道の駅敷地内にあるバーベキュー棟に移動して、
お待ちかね、「地物海産物バーベキュー」。

この日の食材は、
ズワイガニ、ゴマツブ、宗八ガレイ、ホッケ、ハタハタ。

Dsc_0578
すべて食材は前浜で穫れたものだと、
同漁協の輪島圭祐さんが説明。

Dsc_0589

無煙ロースターでガシガシと焼こう。


Dsc_0607
河村さんにズワイガニのむき方を教わって。
お腹いっぱい、贅沢に海の幸をいただく。

さっき、自分たちでつくった「ホタテ昆布巾着」も
すごく、おいしい!


帰りはJRだから、アルコールもグイグイいこう。

皆さんと交流しながら、

楽しく、おいしい時間はあっという間に。


帰りは、渡島砂原駅から

鹿部回りの各駅列車に乗って、

夕方、函館に到着。

Dsc_0511_2
函館市内をぶらぶらと。

1泊2日の充実の旅が終了。


はこだて旅するパスポート





« 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜大沼公園2〜大沼流山牧場と森の鮨真岡 | トップページ | 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜森町の濁川温泉 新栄館 »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜大沼公園2〜大沼流山牧場と森の鮨真岡 | トップページ | 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜森町の濁川温泉 新栄館 »