« 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜大沼公園1 | トップページ | 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜砂原漁協ホタテ昆布巾着づくり体験と地物海産物BBQ »

2015年8月10日 (月)

「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜大沼公園2〜大沼流山牧場と森の鮨真岡

「はこだて旅するパスポート&フリーパス」という
お得なチケットを使って道南を旅する。

大沼の西側、流山地区へ送迎車で移動。

Dsc_0687
大沼流山牧場、総合受付棟。

ここは広大な敷地に、馬とふれあう牧場体験メニューや、
クラフト体験、セグウェイなどが楽しめる牧場。

Dsc_0689
今回は馬と出会うプログラム、
出会いの旅、1時間コースを体験。

Dsc_0698_2
最初は馬とのふれあいからスタート。

馬と仲良くなる3つの方法を実施して、
コミュニケーションをとっていく。

Dsc_0716
やり方を教わりながら、自分で鞍を付けて、
頭部に手綱を装着。

Dsc_0727
馬場で、馬への指示の与え方などを練習。

Dsc_0750
そうして、慣れたあと馬場から出て、
トレッキングへ出かける。

Dsc_0757

敷地内の林道をガイドさんを先頭に進む。

Dsc_0776

アップダウンのある道を”道草”を食われないよう

上手に馬とコミュニケーションして。

Dsc_0779

駒ヶ岳を正面に見ながら、1時間の旅が終了。

Dsc_0692

受付棟の2Fから、牧場の一部と駒ヶ岳。

すばらしい景色だ。

Dsc_0785

敷地内にある彫刻公園。

すぐ近くにまで馬が放牧されている。

牧場はまだまだ進化中とのこと。


Dsc_0786

乗馬を体験した後は、JR大沼駅まで送迎してもらい、

普通列車で森に向う。


Dsc_0789

各駅停車の車内はのんびりとした空気がながれる。

列車は緑のトンネルの中を通る。


Dsc_0796

やがて、車窓には駒ヶ岳が違う角度で見えてくる。


Dsc_0802

30分ほどで森町(もりまち)に到着。

港町の夕暮れ。


Dsc_0799

駅前にあるルーストンホテルにチェックイン。

Dsc_0806

夜は美食のまち、森町グルメ散策へ。

町で一番の老舗である

「鮨 真岡」さんに行くことにする。


Dsc_0810

新鮮なネタが並ぶ冷ケース。

ネタは森町を中心に常時30種類以上を揃える。


Dsc_0816

店主・石岡眞喜雄さんは、函館・東京の寿司店で修行し、

昭和44年に開店した。


Dsc_0823

握りは、びっくりするほど美味しい。

ネタの新鮮さが際立っている。


Dsc_0820

息子の位一(くらひと)さんは銀座で修行。

2人で店に立つ。

店内は笑い声がたえないアットホームな雰囲気。


大満足で店をあとにした。

(つづく)


« 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜大沼公園1 | トップページ | 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜砂原漁協ホタテ昆布巾着づくり体験と地物海産物BBQ »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜大沼公園1 | トップページ | 「はこだて旅するパスポート&フリーパス」で道南旅〜砂原漁協ホタテ昆布巾着づくり体験と地物海産物BBQ »