« シーズン始めのロング走〜エルフィン20キロ | トップページ | 紋別岳に登る »

2016年4月14日 (木)

美唄市の「空知神社」でオリジナルお守りをつくり祈祷も

美唄市にある「空知神社」へ行く。

Dsc_0973
明治27年に社殿がつくられ、
以来、120年に渡って鎮守の杜として継承されてきた神社。

Dsc_0966
宮司・手塚裕建さんに案内いただく。

空知神社のはじまりは、
現在の国道12号線が南北に伸びる、
この道路にそって、
明治24〜27年の4年間で、
茶志内・美唄・光珠内の3地区に
屯田兵400戸が入植。

部隊それぞれに隊員や家族のよりどころとして
小さなほこらをもとに、神祭りを行ってきたという。

Dsc_0977
境内には「縁結びの御神木」がある。
枝分かれした根元にナナカマドの木が伸びる。

Dsc_0883
願いごとに応じた天然石を選び、
オリジナルのお守りブレスレットをつくる体験。

Dsc_0903
つくったものは、まだ、ただの「もの」。
これに祈祷をして御霊を入れてもらう、
特別な体験。

Dsc_0926
入魂式。

Dsc_0954
こんなスペシャルな体験ができる。

« シーズン始めのロング走〜エルフィン20キロ | トップページ | 紋別岳に登る »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美唄市の「空知神社」でオリジナルお守りをつくり祈祷も:

« シーズン始めのロング走〜エルフィン20キロ | トップページ | 紋別岳に登る »