« メディアの価値 | トップページ | 「人生を変えるドラッカー」吉田麻子著 »

2017年1月11日 (水)

訪日客が初めて2,000万人を超える

外国人旅行者の増加を
新聞が伝えている。

20170110_20_04_36
訪日客最多2403万人。
2016年、5年連続の増加。

増えつづけるインバウンドは、
昨年、ついに2千万人を超えた。

5年前に比べて、倍増だ。

とは言っても、
この2千万人という数字は、
国際的にみると、さほどでもない。

フランスの8千万人をトップに、
15位くらいの水準でしかない。

政府は、東京五輪が開催される2020年には、
年間4千万人とする目標を掲げている。

いまのさらに、倍増だ。

北海道へは、この数字のざっくり1割だから、
400万人が訪れるようになるのだ。

道民の人口540万人。

やがては、この定住人口を超える
訪日客がやってくる。

このお客様に、どう満足してもらい
お金を使ってもらえ、リピーターになってもらえるか。

一過性やブームに終わらない、
魅力あふれるコンテンツの充実が
求められている。

変化はチャンス。



« メディアの価値 | トップページ | 「人生を変えるドラッカー」吉田麻子著 »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訪日客が初めて2,000万人を超える:

« メディアの価値 | トップページ | 「人生を変えるドラッカー」吉田麻子著 »