« 「エアボード」ツアーをサホロで体験 | トップページ | 泊村に「茅沼炭鉱」があったという歴史を「さかずきテラス」で聞く »

2017年2月15日 (水)

泊村の「泊アイスセンター とまリンク」で長靴ホッケー

岩宇エリア相互モニター体験会に参加する。

岩字(がんう)とは、岩内郡(岩内町・共和町)と、
古宇(ふるう)郡(泊村・神恵内村)の4つの町村の総称。

泊村にある「泊アイスセンター とまリンク」で
長靴ホッケーを体験した。


Dsc_1953
年中、氷が張られアイススポーツができる同リンクは、
かつての小学校を利用した施設。

アイスアリーナをはじめ、
体育館、トレーニングルームなどがある。

Dsc_2034
アイスアリーナは、60m×30mの本格的リンク。
主に、アイスホッケーの練習に使われる。

Dsc_1962
ここでは、手ぶらで長靴ホッケーが楽しめる。
ヘルメットやひざパッドなどを借り、
ステッィクを持って、いざ、リンクへ。
足元は、長靴だ。

Dsc_2024
最初の30分で基本練習をしたら、
すぐに2組にわかれて試合形式。

長靴でのリンクは、さほど滑らないという印象だが、
そこはやっぱり、氷。
油断すると、すぐにコケる。

Dsc_2045
7人対7人に分かれての試合は、白熱する。

意外にもカンタンにできながら、
上手くいかない、
長靴ホッケー。

地元では数チームがあり、
本場、釧路での大会に参戦しているそうだ。

1時間半もやれば、
前身から湯気が立つほどの汗をかく。

これは楽しい。


« 「エアボード」ツアーをサホロで体験 | トップページ | 泊村に「茅沼炭鉱」があったという歴史を「さかずきテラス」で聞く »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泊村の「泊アイスセンター とまリンク」で長靴ホッケー:

« 「エアボード」ツアーをサホロで体験 | トップページ | 泊村に「茅沼炭鉱」があったという歴史を「さかずきテラス」で聞く »