« 法務会計プラザパートナーズ会、 3月の朝会 | トップページ | 7つの習慣読書マラソン〜インサイドアウト »

2017年3月 9日 (木)

美唄市で「お寺で精進料理と法話」体験〜法王寺

美唄市で実施されたモニターツアー。
「お寺で精進料理と法話」体験。

Dsc_3289
会場は「法王寺」さん。

浄土真宗本願寺派。
明治26年に創設された、美唄で2番目に古いお寺。
ここは、屯田兵によってつくられた、
珍しいお寺だそう。

住職は、5代目となる松山宗生さん。

数珠の意味。
お焼香の正しい作法。
宮大工による本堂の歴史などについて
お話いただく。

札幌から来たという参加者は、
熱心にメモをとりながら、
聞く方も。

Dsc_3320
昼食として、精進料理がふるまわれる。
肉や魚を一切使わない、五戒を守る料理だ。

味付けは、意外にもしっかりとしていて
あっさり感はさほどなく、ふつうにおいしい。

Dsc_3342
お寺でいただく精進料理の意味は、
「多くのいのちと、みなさまのおかげにより、
このごちそうをめぐまれました。

深くご恩を喜び、
ありがたくいただきます」。

という、感謝の気持ちを新にすることだろう。

生きていることは、
他者の命をいただくことであり、
努力して、感謝して、味わいなさい。

との話しに背筋が伸びた。



« 法務会計プラザパートナーズ会、 3月の朝会 | トップページ | 7つの習慣読書マラソン〜インサイドアウト »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

突然のメッセージを失礼いたします。
わたくし、美唄市観光振興課の佐藤花美と申します。

過日、美唄市で行われたモニターツアーへのご参加、誠にありがとうございました。
詳細のブログ記事にてPRもして頂き、お礼申し上げます。

折り入ってご相談なのですが、こちらの記事に掲載のある画像を
当プログラムPRのためにお借りしたく思います。

とても美しくて、分かりやすいイメージであるため、
市のプロモーション活動にぜひ活用させていただきたいのですが、いかがでしょうか。

ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

佐藤さま メッセージありがとうございました! どうぞ、ご自由にお使いください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美唄市で「お寺で精進料理と法話」体験〜法王寺:

« 法務会計プラザパートナーズ会、 3月の朝会 | トップページ | 7つの習慣読書マラソン〜インサイドアウト »