« 泊村の「さかずきテラス」で楽しめる、ウニむき体験 | トップページ | 太田神社の例大祭、松前神楽を見る »

2017年6月29日 (木)

せたな町の太田神社、例大祭に本殿へ登る

せたな町、大成区にある太田神社に行く。
この日は年に1度の例大祭が行われる日。

Dsc_7893
まずは、山のはるか上にある「本殿」にお参りに行く。
行く、というより「登る」という方が合っている。

なにせ、「日本一危険な参道」と呼ばれる神社。

Dsc_7897
最初の洗礼は、斜度40度はあろうかという階段。

Dsc_7898
その後は、完全な登山道となり、
ロープが至るところに設置され、
四つん這いになって急勾配を登る。

Dsc_7905
最後の難関のひとつ手前に、
鉄の橋があらわれ、ひやひやしながら登り、
振り返ると、遠くに奥尻島がはっきりと見える。

Dsc_7930
そして、最後の難関。
垂直、90度の岩壁を登る。

鉄のリングなどが上からぶら下がっていて、
それらを使ってよじ登る。

高さ、7メートルらしい。

もちろん、手足を滑らせれば、
命は、ない。

Dsc_7917
命がけで登ったさきにある、本殿。

ちいさな洞穴に設置されている。
今から400年以上前に、松前藩の始祖がこの地にやってきて
海の安全を祈願するために、この祠をつくったそうだ。

道南5大霊場のひとつ。

Dsc_7939
例大祭のこの日は、白装束の若者7人も登る。

20170629_6_33_28
その模様が翌日の新聞で報道される。

それにしても、
すごい神社だ。


« 泊村の「さかずきテラス」で楽しめる、ウニむき体験 | トップページ | 太田神社の例大祭、松前神楽を見る »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せたな町の太田神社、例大祭に本殿へ登る:

« 泊村の「さかずきテラス」で楽しめる、ウニむき体験 | トップページ | 太田神社の例大祭、松前神楽を見る »