« 豊浦町での体験プログラム〜豊浦漁港散策 | トップページ | 夜の観光消費を伸ばそう »

2017年10月30日 (月)

中国の配車アプリ、日本進出

中国の配車アプリ、日本進出。

中国最大手の企業が、
タクシー国内最大手の第一交通産業と組み、
2018年春にも東京都内で
配車アプリを使ったサービスを始めると、
日経新聞が一面トップで伝えている。

20171030_18_37_09
スマホの位置情報を使い、
自家用車やタクシーの運転手と客を仲介する、
配車アプリ。

市場規模は、360億ドル(2016年)→2,850億ドル(2030年)に成長するという。
(GS社)

配車アプリの普及で
インバウンド客のタクシー利用増が期待される。

タクシーを配車アプリで気軽に呼べるようになれば
公共交通機関が発達していない地方で、
訪日外国人の行動範囲も広がり、
消費の拡大にもつながる、
と、新聞は伝えている。

なにか、いいような、
しかし、日本企業が取り組んでほしいような。

そんなニュース。


« 豊浦町での体験プログラム〜豊浦漁港散策 | トップページ | 夜の観光消費を伸ばそう »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の配車アプリ、日本進出:

« 豊浦町での体験プログラム〜豊浦漁港散策 | トップページ | 夜の観光消費を伸ばそう »