« 豊浦町の夜 | トップページ | 中国の配車アプリ、日本進出 »

2017年10月30日 (月)

豊浦町での体験プログラム〜豊浦漁港散策

豊浦町での体験プログラム。
「豊浦漁港散策」。

Dsc_1889
豊浦のまちの中からも、
「天然豊浦温泉 しおさい」からもほど近い、
豊浦漁港。

港の施設をガイドと一緒に
一般の人はなかなか入れない場所や、
セリの様子を見学できるツアーだ。

Dsc_1820
豊浦といえば、ホタテ。
ホタテがどのように育つのかということを
すごろく風に手書きされたものを使って説明いただく。

Dsc_1831
本ツアーのガイドも、田中博子さん。
参加者は、カッパズボンと呼ばれる
漁師さんと同じ服装になる。

これが、意外にも雰囲気を盛り上げる。

Dsc_1846
まちで実施されている「ホタテ釣り大会」の疑似体験。

金属の短い棒でホタテを釣り上げる。
本戦では、3分間で何枚釣れるかを、競うそうだ。

Dsc_1863
そうこうしているうちに、
「セリ」が開始された。

こんな近くでセリを見たのは初めて。

Dsc_1881
知らないことだらけ、の漁港散策。

Dsc_1902
「しおさい」では、ホタテの試食を用意してくれていた。

酒蒸しをしてくれたのは、
副支配人兼総合施設長の中村隆夫さん。

Dsc_1894
ホタテの殻むきなどを教えていただく。

生で味わう。
酒蒸しでいただく。

加えて、マヨネーズをつけて食べると
一層まろやかな味になり、美味なことを知る。

Dsc_1910
NPO法人豊浦観光ネットワークの伊藤つぐみさん(左)と、
しおさい統括リーダーの小川晃生さん(右)にも、
終日おせわになった。

ありがとうございました。

« 豊浦町の夜 | トップページ | 中国の配車アプリ、日本進出 »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊浦町での体験プログラム〜豊浦漁港散策:

« 豊浦町の夜 | トップページ | 中国の配車アプリ、日本進出 »