« 地元の高校存続のため私財を投じて下宿をつくった83歳の社長 | トップページ | 日経平均株価がバブル崩壊後最高値に »

2017年11月 8日 (水)

余市町で地元ガイドと巡るツアー〜お休み処・簡易宿舎(B&B)の「茶話(さわ)」ランチ

余市町で地元ガイドと巡るツアー。
エビのからむき体験と、地元食材を使ったやさしいランチ。

Dsc_2051
会場となるのは、海からすこし離れた、
山里のふんいきがただよう場所に立地する、
お休み処・簡易宿舎(B&B)の「茶話(さわ)」さん。

Dsc_2289
余市の海沿いにあったニシン番屋を譲り受け、
移築して再現した建物。

Dsc_2071
木造2階建て。開放的な吹き抜けになっていて、
2階の通路には、懐かしいアンティークものが飾られる。

Dsc_2212
「地元ガイドと巡る漁港散策」の流れで、
余市漁港であがったエビのからむき体験。

Dsc_2215
みんなでやると、楽しいね。

Dsc_2237
囲炉裏のコーナーで、完成!の絵。

Dsc_2231
アタマの部分は味噌汁に入れる。

Dsc_2252
味噌汁とご飯は、各自でお好みの量を盛るスタイル。

Dsc_2256
地元で採れた季節の野菜を中心にした
やさしい味わいのランチメニュー。

Dsc_2267
みんなで食卓を囲んで。
奥に写るのが、オーナーの安達稔さん。
元、農業普及指導員をされていた。

Dsc_2294
料理を中心におせわになった、奥様の安達由起子さん(左)。

時間の流れがゆるやかな、
おだやかな居心地のいい場所。

また、来たいなあ。



« 地元の高校存続のため私財を投じて下宿をつくった83歳の社長 | トップページ | 日経平均株価がバブル崩壊後最高値に »

北海道観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2108852/72165956

この記事へのトラックバック一覧です: 余市町で地元ガイドと巡るツアー〜お休み処・簡易宿舎(B&B)の「茶話(さわ)」ランチ:

« 地元の高校存続のため私財を投じて下宿をつくった83歳の社長 | トップページ | 日経平均株価がバブル崩壊後最高値に »